映画「銀魂」のBlu-rayから改めて思うメイキング映像への愛

銀魂

私は好きな映画やドラマのDVD・Blu-rayは購入するタイプでして、家には数々のDVD・Blu-rayが並んでおります。
作品を見るだけならAmazonプライム・Hulu・NetFlixなど動画配信サービスを利用すればいいわけですが、なぜわざわざ高額な商品を買うのか。

それはひとえに、

メイキングが見たいから

その一点のみ!!
メイキングのために1万前後出していると言っても過言ではありません。
映画のメイキングだけを集めた動画配信サービスが始まったら迷うこと無く年会費払います。

ただですね、最近どうもこのメイキング映像が物足りない作品が多い気がしておりまして!!!!!

この悲しみ、どうやって解消したらいいのかと昨今悩んでおります。

スポンサーリンク
(大)広告




メイキング映像について考える

きっかけは「銀魂」Blu-ray

2017年公開の映画「銀魂」
この映画は、私にとってかなり思い入れの深い作品になります。

なんてったって堂本剛が中二病をこじらせたような悪役を演じるっていう!!
え?なんなの?薄い本なの?という設定からしてもう、映像を見ずして私の中では最高傑作だった作品なわけです。
もちろん映像を見たらそれを軽く超える夢のようなサービスっぷりで心の鼻血を出しました。

そこへ加えて、堂本剛と安田顕の共演という、私にとっては夢のようなキャスト!!

過去にも、「33分探偵」で戸次重幸さんと、「天魔さんがゆく」で森崎博之さんと共演をしており、それぞれのDVD・Blu-rayにてがっつり絡んでいる様子を見ては「ひぃぃぃ夢の共演んんん!!!」と鼻息荒くして参りました。
(安田さんも戸次さんも森崎さんも、私が愛してやまないTEAM-NACSのメンバーです)

誰のインタビューだったか忘れましたが、撮影中に剛さんと安田さんのほっこりエピソードなんかも読んで「やべー!これ2人の仲良しエピソード見れるやつやー(゚∀゚)」と思いましたし!!

というわけで、この作品のメイキングにはかなりな期待をしておりました。

どんな堂本剛の姿が見れるんだろうか、と。
どのくらい安田顕さんとの絡みが見れるのだろうか、と。

ドキドキしながら特典DISKを見ましたよ。

( ゚д゚)?

メイキング、少なっっっ!!!!

少ないというか、まず「メイキング映像集」というものが無いんですよね。
キャストそれぞれのインタビューを交えた、それぞれのメイキングが12分前後あるだけ。

( ゚д゚)?

待って待って待って待って。
いや、そうじゃなくて。

撮影順に「○月○日、京都太秦」みたいな感じで、撮影場所とかの紹介があって、キャストの人たちがリハーサルからどんな様子なのかを交えつつ、「今日は小栗旬さんからの差し入れで豪華なケータリングが!共演者・スタッフでしばしの談笑」みたいな映像があって、でも本番になったら真剣な様子で、でもNGなんかが時々出たりして、クランクインからクランクアップまでの様子をたっぷり130分。

みたいなメイキングどこーーーー!!!!!?????

愕然としましたよね。
あーそうなんだ。
銀魂、そういう風にしたんだ、と。

正直、ガッカリ感が大きくて、一回作品を一通り見たあとは、半年ぐらいBlu-rayに手をつけませんでしたもん。悲しみ。

完成披露試写会や舞台挨拶の様子はそこまで重要ではない(私は)

特典DISKに必ずと言っていいほど入っている、完成披露試写会や舞台挨拶の映像。

これ、私はほぼ見たことがありませんw

イベントの様子って、いまいち興味がないんですよねぇ・・・なぜか・・・

生放送があまり好きではないのと関係してるのかもしれません。
段取り通りに進まないとか、ちょっとグダグダした感じとか、苦手でございまして・・・
そういうのがイベントに垣間見えてしまうと途端にテンションが下がっちゃうんです・・

なので、映像特典としてこれらが入ってても特に特典感は感じないんですよねー。

キャストインタビュー

キャストインタビューも実はそこまでいらない派な私・・・

インタビューって、雑誌とかでも読めるからわざわざ映像じゃなくてもいいやーって思ってしまうんですよねー。

メイキングは、文字では表せない「裏」と「空気」が味わえるから好きなんだろうなーと思います。
“職場訪問”って感じがいいのかなーと。

1万円近いお金を払って、その映画の”職場風景”を見せてもらいたいって感じなのかも。

だから!
メイキングが短い作品は!
満足度が低いんだよなああああー!!

そういえばアシガールのBlu-rayにも文句言ってましたね私w
【アシガール】Blu-ray Box について思いの丈をぶちまける!
あーラブホの上野さんのDVD-BOXにも文句言ってんな。
DVD「ラブホの上野さんseason1」上野さんが積極的でなんか色々美味しい

メイキング満足度の高い作品

私が大好きな作品で、かつメイキング映像がびっくりするほど充実しているものっていくつかあるんですが。

まず映画でいうと「のだめカンタービレ」と「るろうに剣心」ですね。

「のだめカンタービレ」に関しては、ドラマのDVD-BOXにはメイキングがまったく入ってないんでこれもまぁ「なんでだよ(# ゚Д゚)」という気持ちが無いわけではないですが、何と言っても映画版が豪華!!
なんなら本編見ずにメイキングだけ時々見返したりします。
ベッキーさんとウエンツさんの高感度が爆上がったのもこのメイキングのお陰でしたねー。
あと玉木宏さんの手が綺麗すぎて(*´Д`)ハァハァ映像集でもあります。

あと「るろうに剣心」です。
「るろうに剣心」は3部作なわけですが、1作目と2作目(京都大火編)にはメイキングがありません。
そのかわり3作目の「伝説の最期編」に、京都大火編+伝説の最期編両方のメイキングが入っているのですが、そらもうド充実の映像っぷりがやばいです。
(逆に1作目のメイキングはどこにも入ってないのでそれも「なんでだよ(# ゚Д゚)」と思ってますが。。)
佐藤健さんの殺陣練習とか、藤原竜也さんの志々雄真が出来上がるまでとか、殺陣の失敗シーンとか、長髪たけるん(*´Д`)ハァハァとか、まじ満足度が高すぎて情報量に溺れる感覚すらあります。

そして「るろうに剣心」はオーディオコメンタリーがまた面白くて。
オーディオコメンタリーって、気を抜くと単なる思い出話になっちゃったり、映画と全然関係ない話で盛り上がったりして「映画の話してよー(´・ω・`)」と思うこともあるんですが、「るろうに剣心」はちゃんと裏話とか、このシーンの意味とか解説してくれるのでほんと面白いです!!
(銀魂はオーディオコメンタリーもそんなに・・・だったんだよなぁ・・・(´・ω・`))

ドラマで言うと、「33分探偵」「天魔さんがゆく」DVD-BOXのメイキングが素晴らしいですね。
テレビ用ではない堂本剛の笑顔ってなんて尊い・・・と拝みたくなる映像満載です。

あと、舞台なら演劇「ハイキュー」の作品の中で「DOCUMENTARY OF “頂の景色”」というDVDがありまして。
これはもうその名の通り「メインはドキュメンタリーで本編が特典」という、若干の本末転倒感を感じつつも、誰得かと言えば完全に俺得なDVDなんてのも存在します!!
これはもう、私の中でTOP OF メイキングですね。なんつったってドキュメンタリーと言うなのメイキングがメインなんですから!!

NACSの舞台DVD・Blu-rayもかなりメイキング面白いです。
ただ、彼らの場合、昔やってた「ドラバラ鈴井の巣」という番組のDVDがありまして、ドラマを取りつつそのメイキングをバラエティにしちゃうという、とんでもないDVDが存在してて、これが濃密すぎるので、それと比べると物足りないという。
裏側で色々面白い事起こってんの知ってんだからなー!もっとNACSを見せろーー!!という気持ちになっちゃうんですよねー。
ちなみにさきほどのハイキューのドキュメンタリーがTOPなら、このドラバラ鈴井の巣はKING OF メイキングです。

買ってみないとわからない

発売するDVD・Blu-rayにメイキング映像が入っているのかいないのか、どれくらいの長さなのか、発売前に公表していることもありますが、だいたいは発売してみないとわからないですよね。

作品自体も好きなものしか購入しないので、メイキングが短くても「買って損した」と思うことはありませんが、でも「な、なんでや・・・orz」と落ち込むことはあります。

ディスクが売れないこのご時世、メイキングに割く予算も時間も無いのかもしれませんが、ぜひともそれを楽しみにしているからこそ購入するってパターンもありますので(私みたいに)、ぜひ蔑ろにせず手厚い対応をお願いしたい次第でございます。

金額、倍ぐらいになっても私は買いますから。
お金さえ出せばメイキング増やせるというならばどうぞお値段上げてくださいましー!!

「銀魂2」はどうなるかな?

「銀魂」Blu-rayに関して盛大に文句を垂れてしまいましたが、「るろうに剣心」を鑑みると、「銀魂2」ではたっぷりのメイキングがあるかも!?とにわかに期待しております。
両方ワーナーさんですからね。
1本目は様子見、2本目から本気、みたいな事になるかも!?なったらいいな!?

ただ、銀魂2には安田さんも出てなければ、堂本さんも出番少なめですからねぇ・・・
興奮度は下がっちゃうよなぁ・・・

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告