グッド・ドクター(第3話感想) 職場の人たちも色々準備したかっただろうなーって

グッド・ドクター

相変わらず新堂先生(山崎賢人)がとんでもない愛嬌を振りまいているグッド・ドクター。
色々とハラハラする展開がありつつも、最終的には進藤先生がなんかうまいことやってくれるだろうという期待とそれを裏切らない展開は、これぞドラマ!!という感じですね。

もはや感想を書こうにも「新堂先生かわいい」しか出てこなくて、8文字の記事になりそうな予感ですよ。

スポンサーリンク
(大)広告




グッド・ドクター 第3話 「病院をたらい回しされた少女! 救いたいだけなのに…」

いやまぁかわいいよね

新堂先生かわいい

いやもう、口を開けばこればっかり。
なんてかわいいんだ。
顔シュッとしてるのに喋るとトロンとしてるってのがこう、グッとくるんでしょうかね。
新手のギャップってやつでしょうか。

トドメの接吻の時にはこんな気持にはなりませんでしたもん。
そういえば元気にやってかなーエイトくん。

仕事

かわいいかわいいと思いつつ、ドラマ見ながら「この職場に自分がいたら」とかちょっと考えるようになりまして。
もし自分が新堂先生と一緒に働くことになったら・・・

色々と準備させて欲しかったな、と思うわけです。

一緒に働く事は全然いいんです。
医療の知識を完全にインプットしてる人なんて、うまいこと仕事分担したらめっちゃありがたそうじゃないすか!!

ただ、一緒に働くにあたって、ちゃんと準備させてもらいたかったですよね!!
いかんせん、急すぎる。
もうちょっと早めに共有してもらえんかったかと。

いやこれは新堂先生じゃなかったとしても!ですよ!!

新しい人が入ってくるって事は、どんな仕事を任せるのか、誰が教えるのか、どこで時間を確保するのか、前準備が必要なわけですよ。
なんなら新しい人を入れるタイミングから相談してもらいたかった!!
こっちにもスケジュールってもんがありますから!!
新堂先生の場合は、それが更に一筋縄ではいかないわけでね!
色々と準備させてもらいたかったと!!!

「あの院長、現場のことなんもわかってねぇな!!」って言っちゃいそうですもの私。

同僚の先生達の反応は、確かに過剰演出な感じもしますが、でも気持ちはわからなくもないわけです。
「はい、皆忙しいだろうから、新しい人いれまーす。あとはよろー」と人を投入されても、受け入れ体制できてないし、そらもうしっちゃかめっちゃかだろうなーとお察しします。

院長の気持ちもわからなくもないですが、もうちょっと上手いことやれただろうなーと思うんですよねー。
新堂先生のためにも、そして職場の人たちのためにも、もう少し準備期間を設けてもらいたかったな、と!思ったのでした!!

あれ?仲良くなったんじゃないの?

高山先生(藤木直人)の態度、また前に戻っちゃってましたね!
第2話で、新堂先生の判断を認めて「責任は私が取ります」とまで言ってくれたのに。
ここから仲良くなっていくのかなーと期待したんですけどね。
特にそういうわけじゃなかったんですねー。

あれ?

なんか、この展開前にもどっかで見たような・・・

うーん・・・

あ、

渡海先生と高階先生だ!(ブラックペアン)

ブラックペアンでも、せっかく渡海先生が高階先生を「高ちゃん」と呼んで距離が近づいたと思ったら、また高ちゃんがやらかして「高階」に戻っちゃいましたもんねー。

新堂先生と高山先生も、きっとこの先紆余曲折ありつつも、最終的に認めあって二人で小児外科を盛り上げていくことでしょう!!

手術はしないの?

第1話の登場シーンでわりと手早く処置してたので、知識だけじゃなく手術の腕も実は飛び抜けているんじゃないかと勝手に期待しておりましたが・・・
そこまでの設定はなさそうな感じですかね?
まだ研修医だし、手術を披露する機会も無いって事なんでしょうか。

どうにもまだブラックペアンを引きずってしまっているようで、手術に手間取るシーンとか見ると「新堂先生いけ!僕ならできますっ、と進言してその子を救うんだ!!」と勝手に心のヤジを飛ばしてしまいます。

きっと今後、新堂先生がバリバリ活躍する展開があるんだろうと期待を大きく膨らませながら引き続きテレビの前でワーキャーしてたいと思いますっ。


第1話感想 新堂先生に手術させたげてー!!
第3話感想 職場の人たちも色々準備したかっただろうなーって

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告