ドラマ感想【アシガール】第5話 若君が私のツボをガンガン押してくる件

アシガール

例のごとく、ネタバレはしまくっていますがあらすじは紹介しておりません。
なんならほぼ若君のことばっかりなので、そのあたりはご了承くださいませ。

ドラマについて詳しくはアシガール公式HPへ!

スポンサーリンク
(大)広告




アシガール 第5話 「走れ!初デート」

何と言っても最後。
この回の最大の見せ場は何と言っても最後。

傷を追って苦しんでる若君のそばで狼狽えている唯の姿を見て「お前は、フクであろう?」と言ったあと、困っている唯ちゃんにダメ押しで「フク」と呼びかける若君。

「フク」と呼びかける若君!!!!!

(大事なことなので2回)

いやもうほんとに。
若君が「フク」って呼ぶのめちゃくちゃ好きです。
今後は「唯」と呼ぶようになってしまうかと思うと本当に悲しく悲しくて・・・
ずっと「フク」って呼んでて欲しい。
「フク」の「ク」がちょっと抜ける感じが色っぽいんですよね・・・たまらん(´Д`*)ハァ…
健太郎君はそもそも声がいいんだな。ボソッとつぶやく感じがセクシー。

あとこれは完全に私の性癖ですが、好きな俳優が傷を追ったり具合が悪かったりして苦しんでる芝居するの、好きなんです。(あくまで芝居でですよ!芝居!)
そこへきての「フク」。最高です。ご馳走様です。

ちなみに、「フク」と呼びかける若君が最高潮ではありましたが、矢が刺さってから苦しそうに話してる若君は全部ツボでした。
私の性癖ボタンをガンガン押してくるからもう大変。
若君、ボソボソと喋るお声が素敵すぎます・・・orz

唯ちゃんの「思ってたのとちがーう」
戦で功績を上げた唯ちゃんが見事馬番に昇格するわけですが、その仕事をやってみて零した一言、
「思ってたのとちがーう」
が可愛すぎた!!!!
唯ちゃん役の黒島結菜さん、声がめちゃくちゃ通るんだな。
かわいい。とにかくかわいい。

というか、このドラマに出てくる女性陣はみんな可愛いですよね。
本物の姫フキ役の中村静香さんも好きです。顔すき!
川栄ちゃんも、昔めちゃイケの番組で「ウソだろうが!!」と暴言を吐いた頃から好きです。
なんなら川栄ちゃんは唯之助のこと好きになったらいいのに。可哀想な結末になるだけだけど・・・

ポニーテールの位置は、高いほうがいいよね!
若君に限らず戦国の世の皆様、戦いに出る時は長い髪をわりと下の方で結んでしまうのですが、私は断然高いところで結ぶ方が好きです!
幼く見えますよね。

ロン毛は得意ではないんですが、若君は全然許せる・・・
矢で刺されて布団で寝てる時は髪を下ろしているわけなんですが、それだって麗しすぎましたもんね。
ロン毛で美しいと思ったの初めてかも・・・
恐るべし健太郎氏。

若君、全然優しくないw
遠乗りに唯ちゃんを誘って、頑張って走って追いかけてくる唯ちゃんに対して「どうした。疾風はまだまだ駆けたがっておるぞ」がドSすぎて!!!
凛々しくて真摯なくせに!!唯ちゃんが女の子だって気付いてるくせに!!
それでも「どうした」って言っちゃう若君。全然優しくないw

あと、遠乗りから帰ってきてから唯ちゃんと別れる時、
「ところで唯之助。まだ腹は決まらぬか」
と言ったあとの笑顔!!!

意地悪すぎません!!!???

ていうか、最高すぎません!!!???(;゚∀゚)=3ハァハァ

わしはわかっておるぞ的な笑顔たまりません。
ぜひそのまま、「そなたはわしの事を好いておるのだろう?」とか言ってほしかった。ドヤ顔で。

第6話が楽しみすぎる

現代に来ちゃう若君とか、今から最高な予感しかしません。
あー私も現代に来ちゃった若君に「そなたに用はない」とか言われたい。

第4話 実は肉食な若君最高か
第5話 若君が私のツボをガンガン押してくる件
第6話 見どころは左手
第7話 その写真、私にもください
第8話 「もう少しだけ」ってサブタイ切ない
第9話 やっとギュってしたー!!!!
第10話 ご乱心!そして20秒のトキメキ!!
第11話 キノコ投げるだけでもイケメンな若君
第12話最終回 浮かれる若君に可愛いの嵐
第1話 若君は最初からドSだったー!
第2話 笑ってるだけで拝みたくなるよね
第3話 若君=目がクリクリ
Blu-ray Box について思いの丈をぶちまける!
オーディオコメンタリーに白太がコメンタリー
アシガールSP 「若君」という奇跡
SPのDVD・Blu-ray発売発表!でもなんか、なんかさー!
アシガールSPのBlu-ray来た!特典映像は果たして・・・!?

その他、伊藤健太郎くん関連の記事はこちら

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告