映画「翔んで埼玉」を見ました。埼玉県民以外の人、ついてきてるー!?

翔んで埼玉

ついに見ましたよ。
「翔んで埼玉」
去年、埼玉が主役の映画がやると聞いたときは「どうせB級なんでしょー」と思っておりましたが。

最高にB級映画でしたwww

これ、絶対万人受けしないでしょ!?大丈夫!?ってずっと思いながら見てたよ!!
埼玉県人のワイ大満足でしたけどね!!

というわけで、埼玉色満載で感想を書いていきたいと思います。

この先ネタバレありますので、まだ見てない人はご注意くださいませ。

スポンサーリンク
(大)広告




映画「翔んで埼玉」を見た感想(ネタバレあり)

まずもって一番の感想ですが、

何回も言いますけど、

埼玉県民じゃない人たちは、果たして面白いのか!?

ってことでございまして。

私が一番満足感を得たところって、

“自分の出身地がここまでクローズアップされた事”

なんですよね。それ以上でも以下でもない。

埼玉についての話題は全部わかるし、何をピックアップしてもどことなく芋臭いあの感じ。
首都東京に近いわりに、どうしてもインテリっぽさが醸し出せず、どう頑張ってもシティー感ゼロ。
自虐と思われそうだけど、でもそれが埼玉であり、それが誇れる所なの。

っていう、この何とも言えない、程よい閉塞感が埼玉県民にとっては最高に気持ち良くて、それがこの映画を楽しめる秘訣だと思うんですけど。

そう思うとより一層、埼玉県以外の人が楽しめるのかな、って不思議になります。

ちなみに、私は「翔んで埼玉」をお台場の映画館で見たんですよ。
オシャンティーな街お台場です!
見に来てる人たちはさぞかし都会っ子なのだろうと思ってたんですけど。

意外にも、劇場内が笑いに包まれてたんですよ!!

もしかして、あそこにいた人みんなイキってお台場に遊びにきてた埼玉県民達だったんでしょうか。
「それ、絶対埼玉で育った人にしかわかんないでしょー!」って所でも笑いが起こってたので、隠れ埼玉県民軍団だったのかも。
埼玉県民の勢力は拡大の一途を辿っているのかもしれません。

あ、もしかして、関東じゃないとこでは「埼玉の気持ちわかるー!」みたいなノリが生まれてたりするんでしょうか!?
「うちも大阪から虐げられてるよー!」とか「我々の敵は福岡だ!」とかなんか同じ境遇の県の人たちが共感してくれたりするのかしら。
それはそれで嬉しいw

ちなみに埼玉だけじゃなく、東京・神奈川・千葉・茨城・群馬の話題もよく出てくるのでそちら出身の皆様もぜひお楽しみくださいw

麻実麗と壇ノ浦百美

今回、高校生役を演じたGACKTなわけですが、まぁストーリー上高校生らしいことは一切していないので何も問題なかったなと思いましたw

ただ、それらを差し置いたとしても、あの役をGACKT以外にできる人いないってのがすごいなとww

友達と「麻実麗はGACKT以外に誰が演じれるのか」というのを考えに考えたんですが、結局全然思いつかなくて「やっぱりGACKTしかいない」となりました。

今をときめく若手俳優なんて腐るほどいるのに!!
どんなにイケメンでも麻実麗を演じることはできない。そんな稀有な存在を演じれる男、それがGACKT。

わたくし、学生の頃にGACKTヲタやってた時期がありまして。
その頃はまだGACKT氏も30代になって無かった頃だと思うんですけど。
45歳になった今でも一切ブレないキャラっぷりが本当にすごいなと思いました。

あと、まさか二階堂ふみさんが男の子役だとは思ってなくてですね-
まさかのBLでビックリしました。
親と見なくてよかった。。。
ヲタ母ですが、なんとなく親とはBL見てられない。。

あと、「壇ノ浦」て名字。
水曜どうでしょうを見たことがある人なら多少ピクッとしますよね。
私もピクッ( ゚д゚)!としました。

ヤンキー・暴走族の心強さたるや

埼玉VS千葉の場面で、トラックやらバイクやら、ヤンキーやら暴走族やらがめっちゃ画面を彩っておりましたが。

これほどまでに彼らを心強く思ったことはありません。

普段は一切関わり無いですが、埼玉や千葉のために先頭に立って戦ってくれる彼らには感謝の気持ちが耐えません。
君たちにはいてもらわないと困る。
最近、少子化とIT化が進み、ヤンキーや暴走族も減っているそうですが。
ぜひ今後も埼玉のために日々鍛錬を重ねてもらいたいです。
彼らは絶対に埼玉を裏切らない!!!

白鵬堂学院A組大好き

これは個人的な趣味なんですが。。
お金持ちな学校の綺羅びやかな校舎って好きなんですよねー。
メイちゃんの執事とか、賭ケグルイとか、花より男子とか、お金持ちが無駄に豪華な教室で授業受けてるってのがなぜか好きで。

翔んで埼玉でもA組の生徒だけが豪華なソファで全校集会に出席してるのがほんとたまらんかったです。
なんなんでしょうねーこれ。
憧れ・・・ではないなぁ。あれに座りたいわけではないし。。
お金持ちのお嬢たちが偉そうにしてるの見るが好きってどういう癖なんでしょうねー
自分でも不思議です。

予想を超えた翔んで埼玉

母とも、この映画に関してはどんなにクソな内容でも許せるよねって話をしてたんですよ。
埼玉を題材ってだけでもう満足。
ありがとうスタッフの皆様。そう思えるねと。

それが功を奏したのか、見終わっても全然不満はありませんでしたし、感謝の念はますます大きくなりました。

もう一回見に行きたい、とは思いませんがwwwwww

大満足な映画だったのでした。

GACKT、ありがとう。
あなたが埼玉のリーダーで良かったよ。
これからも埼玉をよろしく!!

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告