高嶺の花(第1話感想) 石原さとみフィールド全開

高嶺の花

石原さとみさんが「高嶺の花役」なんて、最高じゃないか!!

と思いつつ、

野島伸司さんだからなぁ・・・気を抜けない・・・

と思ってたら

めちゃくちゃおもしろかったーー!!!!!

なんじゃこれー
すげー
これはやべー
水曜10時ーー
早く来週になれーー!!

スポンサーリンク
(大)広告




高嶺の花 第1話

石原さとみフィールド全開

由緒正しき華道家の長女で、才能があってオーラもあって高飛車だけど性格がいい
何より美人

えー

ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待ってー

最高すぎませんかーーー!!!

設定てんこもりすぎてもう供給過多。
1回見ただけじゃ味わい尽くせない。
もう画面に石原さとみさんが映ったらずっと見ちゃう。
ずーーっと石原さとみ。
うちのしがない37インチテレビの中のどこかにちらりでも映ろうもんならそっちばっかりずっと見ちゃう!!
片時も見逃せないーーー!!

若干過去にも見たことあるような気のするキャラクターではありますが、そんなの全然問題なし!
チャリでコケて洋服泥だらけなのにインナーは真っ白ってなんでーー!?っていう違和感も気にならない!

石原さとみの魅力という魅力が濃縮果汁でギュッと凝縮された第1話でした。

あー最高だー高嶺の花ーー

野島伸司さん

野島伸司さんといえば、人間失格、家なき子、リップスティック、プラトニックなどなど。
それはそれはもう、トラウマ級のシリアスドラマを作ってこられた御大なわけで。

今回も見るまで若干緊張感がありました。
エンターテイメントっていう謳い文句ではありましたが、いやいやそれを鵜呑みにしたらまさかのストーリーで一刀両断されるから気は抜けん!!
みたいな確固たる決意を持って見たんですが。

なんということでしょう。

最高のエンターテイメントでした

もちろんただ愉快痛快面白ストーリーなわけじゃなくて、がっちりした土台を感じる重みのある面白さな感じがしました。
何がそう感じさせるんでしょうか。
ちょっと今はまだわかりませんが・・・

回を追うごとにそこらへんが明確になっていきそうな気がしてて、それもワクワク。

千葉雄大への期待

今まであまり話題にしてきませんでしたが、何を隠そうわたくし

千葉雄大さんが大好きなわけで

役者・千葉雄大というより、タレント・千葉雄大が好きなのでドラマを欠かさず見る、というわけではないんですが・・・

そんな千葉雄大さんがなんとまさかのヒール役。

これも最高

かねてより好きな俳優さんには悪役をやってもらいたい願望がある私としてはこれは夢のようなお話です。
期待通り、妹のななちゃん(芳根京子)に手を出しつつ本命はももさん(石原さとみ)な展開?っぽいので、いやもう思う存分暴れていただいて。
なんならお母さんにも手出しそうな雰囲気なんで、もうこれは目が離せないぞ、と。

美人姉妹好きすぎる・・・

長女石原さとみに次女芳根京子。

なんつー美人姉妹なの!!

ちょっと前にFINAL CUTで栗山千明と橋本環奈が姉妹役ってのもあってそれも興奮しましたが。

個人的な好みとしてはこちらの石原芳根姉妹のほうが興奮します!!
芳根京子さんのドジ妹っぷりがね!
良きですよ良き!!

世の中では次女の方が成功する傾向がありますが、長女が最強なのはやっぱり最強ですね。

あーんどうしましょう。
どれもこれもだれもかれも楽しみすぎて震えるーーー!!

舞台で実力見せちゃう感じ!!

第1話ラスト、やっぱり家元の器じゃないっぷりを披露してしまったななちゃんの代わりにオーラ全開で現れたももさん。

最高の締めくくりでしたね!!

ななちゃんももさん、ふたりとセットで好き!!!

今の所峯田和伸さんが鳴りを潜めていますが、これも今後どうやってストーリーに食い込んでいくのか。
最後に将棋で勝率100%出しちゃってるあたり、オラわくわくすっぞ!!

あーもう全体的に素晴らしい!!

今後が楽しみすぐるお!!

第1話感想 石原さとみフィールド全開
第2話感想 いい女すぎて心臓痛い

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告