【リピート】第4話ドラマ感想 ツンデレが止まらないね!!

リピート~運命を変える10ヶ月~

どうしよう。

どうしましょうか。

圭介くん(本郷奏多)がどんどんツンデレの頭角を表してて全然心穏やかにドラマを視聴することができませんっっorz

トキメキが止まらないぜー!!
感想書きながら一時停止するタイミングが多すぎて、冒頭10分に30分ぐらいかかってます。

この先は終始鼻息荒くお送りさせて頂きます。ご了承ください。

スポンサーリンク
(大)広告




リピート第4話 「次々標的に我々は狙われている!連続死のナゾ」

「なに?未練あんの?」

あーーーーーー

あーーーーーー

また油断してましたー
ドラマ始まって序盤だし、見どころはまだ先だろうと思ってましたー
でも、いきなり冒頭から圭介くんぶっこんできましたー

「なに?未練あんの?」

の言い方!!!!!!

完全にツボりましたーーーー
グッときましたーーー

はいはい。イケメンイケメン。超絶イケメン。

面倒見のいい圭介くん

天童さん(ゴリ)が、毛利ん家に行って飲み直そうって強引に誘った件。
家についてから水割りとハイボールを圭介君に所望した時、「なんで俺が」と言いつつ、ちゃんと世話してくれる圭介君。

いい子っっ(´;ω;`)

ほんといい子ですよねぇ。
なんか、由子ちゃん(島崎遥香)に気に入られちゃうのわかるっていうか、女性から好かれそうっていうか、女性に依存されちゃいそうというか。
ツンデレってこういう事か、と改めて良さを見い出させて頂いております。

あー圭介くん可愛い。

近い近い近い近い

天童さんが圭介くんの部屋で写真を漁って、鮎美ちゃん(貫地谷しほり)に見せようとしたとこ。

圭介くんの「返せよ」からの、いきなり鮎美ちゃんと急接近でドギマギな展開。

って!!

脈絡!!

脈絡が全然仕事してない!!

随分と唐突すぎてびっくりしましたよ。

私、あまり独り言とか言わないんですが、あまりのサプライズに思わず「お」って言っちゃったし。

天童さんの「ちっか」は完全に同意です。

由子ちゃんの勘違い

圭介くんの家にいた鮎美ちゃんに向かって「お行儀悪いなー人のペットに手出すなんて」っつって由子ちゃん憤慨してましたが・・・
どっちかっつーと先に手だしたの圭介くんですからねぇ・・・

なんなら鮎美ちゃんは不可抗力っつーか。
あんなツンデレ王子な圭介くんに思わせぶりなことされたら誰だってトキメクっつーか。
圭介くんが自分の魅力に気付いてないのが罪っつーか。

由子ちゃんが首輪つけたくなる気持ちがちょっと分かっちゃったなー
圭介くん、もうちょっと自分が超魅力的な青年だってこと自覚したほうがいい。うん。

あと、天童さんのカフェで由子ちゃんの事打ち明けたあと、天童さんから「そいつと別れられたのか」って聞かれて思案したあと「あぁ」って言っちゃってましたけど。
前回、由子ちゃんから血デローって付けられてたのによく別れられたって言えたな圭介君・・・
別れられてるわけないやんけ・・・
血デローってされてるんだぞ・・・お願いだから逃げてちょ・・・

面倒見の良さったらない

キャバ嬢の南ちゃんにご指名のお知らせをする際、さりげなくプチ情報を伝えてサポートする圭介君。

なんつーか

罪深いっすよねぇ・・・

長男かな?
妹でもいるのかな?
年下の面倒見るの得意なのかな?

天童さんの店からの帰りしな女性の悲鳴が聞こえたらいの一番に駆けつけてたしー。

ツンデレで面倒見いいとかーあー好きですー

言わずに我慢してたけど・・・

圭介くん、ヒョウ柄の服、やめたほうがいいよ・・・

いくらイケメンでもあれは着こなせへんて・・・

つつつつつ坪井くん!?

めっちゃ悪い顔してましたねー坪井くん(猪野広樹)
舞台ではあんなに爽やか好青年の役やってたのに。

あと、リピートした人たちがどんどん亡くなってる中で坪井くんが生き残ってるのなんか嬉しいです。
貫地谷しほり、ゴリ、本郷奏多、安達祐実、六角精児、猪野広樹!!!
このメンツに名前が並ぶだなんて・・・
アップのシーンも何回もあったしっ
そして本郷奏多から話しかけられて・・・(お芝居だけど)
あー毎回毎回新鮮に親戚のおばさんみたいな気持ちになるー
良かったねっ良かったねっ

近い近い近い近いその2

ベンチに座って一緒にコーヒーを飲む鮎美ちゃんと圭介くん。

あーうん。

あのさ。

圭介くんさ。

やっぱり、近いよね

圭介くん、そりゃアカンて。
勘違いしちゃうもの。
もはや罪。
惚れるー惚れるよー
惚れたいよーー

鮎美ちゃん、迂闊やで!

せっかく圭介君が夜道送ってくれたのに、「うちもうすぐだから」つって一人で歩いてましたが・・・
あの道、どう考えてもすぐって距離じゃなかったよね!!

家の前まで送ってもらえばよかったのにー!
なんならお茶でも一杯つって家に連れ込んじゃえば良かったのにー
そんでそのまま押し倒して・・・

・・・

( ゚д゚)ハッ!
すみません、妄想がはかどりました。

最後の最後にやってくれたな!!

くっそー

最後の油断した所にまたぶっこんでくれやがったぜ!!

圭介くん!!

月の写真とか!!

反則だからな!!!!!!

我慢せずに、欲望のままに叫びますけど。

死ぬほど羨ましい!!!!!

だってあれ、キレイな月見て「あいつに送ってやろ」って思ったわけですよね。
写真が撮りたかったんじゃなくて、鮎美ちゃんに見せたかったんですよね。

はぁー死ぬ。
ツンデレのデレにあてられて死にます私。

疲れた体に圭介くんが隅々まで染み渡りました。
今週も、本当にありがとうございました。
そして、来週もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

第1話感想 キャバクラのボーイという破壊力たるや
第2話感想 ラブラブしてた時期があるんですか!?
第3話感想 圭介君あんなにツンツンしてたのに!!
第4話感想 ツンデレが止まらないね!!
第5話感想 圭介君が天童さんに連絡しがちな件
第6話感想 あーー!!賃貸なのにーー!!
第7話感想 ヒョウ柄からの卒業。
第8話感想 色々計画狂っちゃうから!お帽子は被ろう!
第9話感想 恋多き男、毛利圭介
第10話感想 そりゃないぜーキツイぜー

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告