TEAM-NACS「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」を見てきました(ネタバレあり)

TEAM NACS

TEAM NACS 第16回公演「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」を見てきました!
久々のNACS公演。
というわけで、自分の備忘録も兼ねて感想を書いていきたいと思います。
(褒めてるだけの内容じゃないので、

以下、盛大にネタバレしてますので、これから見る予定の方はご注意くださいませ!!

スポンサーリンク
(大)広告




PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて

まずは全体の感想

事前の雑誌インタビューを読んで、今回の舞台は笑いが少ないという情報をキャッチしていましたので心の準備を万端にして見た舞台でした。
相当シリアスなお話なんだろうなぁと覚悟を決めていざ観劇!!

ただ、見終わってみると「あれ?思った以上に笑えるシーンあるじゃん!」って感じでしたねー。
心の準備してたから余計にそう思ったのかもしれません。

なんつっても、いつもなら脱衣といえば安田さんだったわけですが、今回脱ぎ役だったのが大泉さんってのがね!!新鮮で新鮮で。これ、個人的にめっちゃ良かったです!!
変化球キターー!って感じで!
他にも森崎さんや戸次さんが安定した笑いをお届けしてくれましたので、その辺りはきっと「NACSが好きなお客さんに楽しんでもらう」って事をすごく考慮してくれたんだろうなーという感じがしました。
“最後の砦”の場所で、縁もゆかりもない5人が楽しい夜を過ごすってのは、シチュエーションとして最高でしたねー。

ただ、そうは言ってもやはり題材が題材なだけに、未来に希望を馳せたり楽しそうな雰囲気のシーンが出てくると「おっとこれはフラグでは・・・?」と思っちゃって・・・
で、案の定やっぱりみんな死んじゃう結末だったので、結構キツかったですねぇ。
そもそも私戦争ものが苦手でございまして、写真でも映像でも見ると心臓がグヌゥってなるんですけど、NACSの芝居をもってしてもやはり終始グヌゥってなってしまったので、メンタル大変でした。

就職する前に見に行ったんですが、功を奏しましたね・・・
疲れた心にこれは響くぜ・・・
元気な時じゃないと戦争ものには立ち向かえなかった事でしょう・・・

5人全員それぞれ切なくて、それぞれツラくて、面白いシーンもあったとは言え、やるせない気持ちをどう処理したらいいのか・・・
本当に切ない舞台でございました。

とは言えNACSがやってくれて良かった!

お話の軸は「ソ連が突然攻めてきて、ここで食い止めないと北海道に攻め込まれてしまう!それを阻止するために戦うんだ!」って事だった訳ですが、NACSがそれを演じるとより重みが増す感じがしますよね。
「北海道は俺たちが守るぞー!」
みたいなセリフがあったような気がするんですが、NACSだからこそグッとくる感じがしました。

森崎さんの気合いも感じたなぁ。
あ!!娘さん誕生されたとのことで。リーダーおめでとう!!!

疑問点

一つ疑問だったのが、5人で出身や家族の話をしていた時に、音尾さんだけ自分の話しませんでしたよね??
なんか、不自然なぐらい音尾さんが話してくれなくて、若干「セリフ飛ばしたりしてないよね・・・?」とNACSさんのミスを疑いましたよw
結局最後までスルーだったなぁ。
あまりにスルーされるので「もしかして音尾さん、ソ連のスパイ?他の4人を撃ち殺しちゃったりしないよね・・・?」と不安になりましたもん!!!
結局そういう事はなかったわけですが・・・
今だに不思議です。
なんで音尾さんだけ故郷や家族の話が無かったのか・・・

あと、戦争が終わったはずなのにソ連が攻めてきた時、大泉さんが3人の部下に「お前たちは逃げろ」って言ってましたが。
どうやって逃げるんですかね・・・?
缶詰工場の女の子たちに混じって船で逃げるってこと?
どっかに身を潜めるって事?
逃げられるような状況じゃなかったと思うのですが・・・
大丈夫だったのかなぁあの3人・・・

いつもどおりの配役

NACSのお芝居って、だいたい役割が決まっているというか、悪く言えばいつも同じような配役だなぁというのも気になってしまいました。
今回も最後に生き残ったのが安田さんで、「なんかこういうシーン前にも見たことあるような・・」みたいな。
末っ子役が戸次さんてのも鉄板ですし。
もちろんそれが一番自然で、NACSとして一番いい形なのかもしれませんが、個人的にはもう少し違う配役で見てみたいってのが本音でございます。
お芝居の内容にもよるでしょうが、最後を森崎さんが締めるとかでも良いと思うのです。(FOURの「すばらしい日々」とか最高っした!)
大泉さんが末っ子でもいいし、森崎さんが悪役でもいい。安田さんが普通の成年ってのも面白そうです。
なんかもうちょっと変化球が欲しいなーと思ってしまったのでした。

40代半ばの魅力

戦争ものって、若すぎても年を取りすぎてもしっくりこない感じがするので、40代半ばの今のNACSさんでこの芝居を見れたってのはすごく良かったんじゃないかなーと思いました!

ただ、個人的にやはり戦争ものは見るのに勇気がいるためDVD・Blu-ray化しても、そう何回も見直せないだろうなーというのが本当の所。

次回はハッピーなお話だと嬉しす。

本人たちも以前言っていましたが、最初から最後までくだらない舞台ってのもそろそろいかがですかね!?
小林賢太郎が好きな私としては、トリック満載な言葉遊びな舞台なんかも見てみたいなーと思っております。
伊坂幸太郎の「オー!ファーザー」とかNACSバージョンでどうでしょうか?ww
面白いと思うんだけどなー

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告