格安SIMのLINE事情

格安SIM3

「LINE」というアプリが出てきてからスマホの使い方が劇的に変わりましたよね。
今やLINEが使えないと生活に支障がきたすレベルではないでしょうか。

LINEはアプリですので、もちろん格安SIM・格安スマホに変えても使用する事ができます。
ただ、問題が一つ。

格安SIMにすると、LINE IDの検索ができなくなります。

これ相当面倒くさいです(;^ω^)

<格安SIMにするとLINEでできないこと>

●自分のLINE IDを相手に検索してもらいたい
⇒自分のIDが検索しても出てこない

●相手のLINE IDを検索したい
⇒そもそもID検索ができない

なぜそうなるかというと、「年齢確認」が格安SIMではできないからです。
docomoやauなどのキャリアは通信情報でなんやかんややってるので判別できるんだと思うんですが、格安SIMでは今のところその機能が無いようです。
格安SIM人口も増えてきましたので、そのうち解決する問題なような気もしますが、当面はちょっと不便です・・・

格安SIMでLINEの連絡先交換をしたいとなった場合

●相手が近くにいる場合
ふるふるするか、QRコードを読み取る

●相手が遠くにいる場合
・自分専用のURLを作成し、それをメールで送って友達追加してもらう
・PCでLINEで検索する(PCなら検索できます)
・共通の知り合いがいる場合には、グループLINE作ってもらって、そこから友達追加してもらう(これが一番オススメ☆)

と、ここまで書いて気づきましたが、LINE交換する場合、大抵は相手が近くにいることの方が多いのでそうは言ってもそんなに不便な事は無いかもしれませんね(;^ω^)

ちなみに私がLINE ID検索できなくて困った事と言えば・・・
とある婚活イベントで、気が合うと思った人にはカードに連絡先を書いて渡し、後日連絡を取り合ってくださいスタイルだった時ぐらいですテヘペロ。
LINE ID書いた所で検索に出てこないから意味ないんですよー!!
今時、メールアドレスを書いておいて「連絡くださいハート」とか書いてもちょっと時代遅れ感が否めないですし・・・(;´д`)
格安SIMが流行ってきたとは言え、まだまだマイノリティですのでなかなかわかってもらえないし、説明も面倒だし・・・
というわけで、その後そのイベントには参加しなくなりましたw
LINE ID一つで何言ってんだよ、って感じですが、本当に面倒に感じちゃったんです~!!

LINE IDが検索できない弊害はそれくらいですw

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告