【海月姫】第8話ドラマ感想 怒って泣いて抱きしめて

海月姫

昨今のドラマや漫画の傾向として、”100%悪役はいないの法則”ってのがある気がしてまして。
お話の展開として悪役っぽい登場をするけれど、蓋を開けてみれば実はいいヤツだったとか、同情の余地ありみたいな人たちが多くて、最終的に嫌いになりきれない、みたいな。
今回のカイ・フィッシュ(賀来賢人)も例に漏れずって感じでしたねー。

カイ・フィッシュの言うことはわりと納得しちゃうというか、私は好きだったりするので、月海ちゃん(芳根京子)も彼に付いていくのは悪くないんじゃないかなーなんて思っちゃったりするんですけど。
ただ、月海ちゃんはそうじゃないですもんね。
働く環境って絶対仕事に影響すると思うんで、月海ちゃんの場合は天水館で在宅勤務にしてあげたほうがwin-winなんじゃないでしょうか、とカイ・フィッシュに言いたい。そんな第8話でした。

スポンサーリンク
(大)広告




海月姫 第8話 「涙腺崩壊!海月の決断と涙の別れ 最後の晩餐」

シャワー

一応、言い訳のようにお伝えしておきますね。
私、男の人の裸って全然興味なくて、シャワーとかお風呂のシーンとか全然ときめかないんですよ。

ときめかないんです。

ときめかないはずなんですけどね!!!

瀬戸康史、やべーーーーー!!!

とりあえず、シャワーシーン冒頭で「ふざけんなよ、なんにも分かってねぇくせに」って怒ってるってのがね。
最高ですよね。

怒ってる蔵之介くん × 男ver × 濡れ髪 × 抑えきれない気持ち

=シャワー浴びてる蔵之介くん、最高

結果的に!結果的にね!!シャワー浴びてる蔵之介くんやべーに落ち着くっていう。
世の中には不思議がいっぱいですね。

さーらーにー
今日一番のあのシーンですよ。
転んだ蔵之介くんを助けに来てくれた月海ちゃんを、辛抱堪らずギュッと抱きしめて

「行くな月海。行くな。行くなよっ。どこにも行くな月海」

ってやつね。

軽く致死量超えましたよね

動悸息切れが止まらん。
このまま血圧上がって死ぬんじゃないか私。

あーもぉー

超いいシーンでしたっっ

もし信頼してる男性からそんなことされたらまじそのまま熱い夜を過ごすだろうに。
そうならないところがまた・・・
蔵之介くん切ない・・・

月海ちゃんの服が濡れちゃうよーー!!ってハラハラも2割ぐらいありましたが、まぁそれは置いておきましょう。

あ、あとシャワーシーンとは関係ありませんが、月海ちゃんが天水館を出てカイ・フィッシュの秘書の人の車に乗り込む時、蔵子が車の窓バンバン叩いて「月海、待てって。待てって、おい月海ー!」ってとこもグッときました。

ここでも、車の窓に指紋ついちゃうー!!ってハラハラも2割ぐらいありましたが、まぁ置いておきましょう。

意外にも泣いた

月海ちゃんが一人でシンガポールに行く決意を固めて、平気なふりして送り出した尼ーずの皆様。
蔵子が天水館に戻ってみんなを糾弾したけど「平気じゃない!!」とみんなで泣いちゃうシーン。

私も泣いたー

てか、ジジ様最高。
ジジ様愛してる。
なんだあの切ない表情。
小南晴香さん、天才かっっ

ぶっちゃけばんばさんとまややさんはかなり苦手だったけどっ。
ドラマ見るたびに「くっ友達にはなれないっ」と思ったりしてたけどっ。
今回ばかりは一緒に泣いた。

はぁーデトックスデトックス。

最後の月海ちゃんも切ない

芳根京子さんは泣きの演技に定評があるという噂を聞いたことがありますが、今回もまじ最高でしたね。
うわーーーんって泣いちゃう女の子大好きですー。
込み上げる感じね!!

最近そういう泣き方してないなぁ・・・
最後に泣いたのいつだろう・・あ、元カレに振られた時かなぁ(黄昏)

地上げ屋さんと蔵子

地下駐車場でカイ・フィッシュの前に地上げ屋姉さんんと蔵子の2人で現れたシーン。

なんか、めっちゃカッコ良くなかったっすか?www

綺麗な女性がドヤ顔で並んでる時の最強感、大好物っす。

クリエイターが集まる部屋は地獄だ・・・

シンガポールに行くまでの間、ここで勉強してもらいますっつって月海ちゃんが連れて行かれた部屋。
CUBE?とかって団体でしたっけ?

あれ、私だったら耐えられません・・・orz

無理無理死ぬ・・・
これならカイ・フィッシュの言うとおり一人でやらせてもらいたい・・・

幸せになって欲しい人達が増えていく

修さんすんげー出遅れてるし、
カイ・フィッシュも色々ツライ状況の中で頑張ってそうだし、
蔵之介くんは弟にめっちゃ気使ってるし、
花森さんは・・・相変わらず素敵ですけど、

とにかく悪い人が誰もいなくてみんな幸せになって欲しいって気持ちが回を重ねるごとに大きくなります・・・

でも一番はやっぱり蔵之介くんと月海ちゃんがくっつけばいいなーというのが本音。
あと数話で蔵子にあえなくなるのも寂しい・・・
最終回に向かって進んでいくドラマってホントいつも切ないですよね・・・(´・ω・`)

第1話感想 なんで俳優さんてあんなに足細いの?
第2話感想 瀬戸康史にやられました・・・
第3話感想 花森さん、クセになるわぁ
第4話感想 蔵子が好き、でも花森さんはもーっと好きです
第5話感想 蔵之介くんの男気に完敗(そして乾杯)
第6話感想 瀬戸康史の暴力的な色気について
第7話感想 花森さんへのトキメキとジジ様覚醒
第8話感想 怒って泣いて抱きしめて
第9話感想 稲荷さんがどんどん好きになるー
第10話感想 瀬戸康史とジジ様と花森さんに乾杯

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告