【海月姫】第7話ドラマ感想 花森さんへのトキメキとジジ様覚醒

海月姫

海月姫を見ると一週間が始まったなーと思う今日このごろ。
月9ってそういうとこありますよねー。

しかも気づけばもう7話!!
あと3回?で終わるとは思えませんね・・・
とりあえず瀬戸康史の女装を心に刻むしかないと思いながら見ることにしましょう。そうしましょう。

スポンサーリンク
(大)広告




海月姫 第7話 「一発逆転!謎の男の怪しい誘惑!?君が欲しい」

く、蔵子切ない・・・

なんとなく。
なんとなくね。
結末っつーか、
この先「こうなるんだろうなー」って予想はあるわけですよ。

ただね。
やっぱりドラマってのは盛り上げなければいけないわけで。

今はそのターンなんだろうな、と思うわけです。

なので、とりあえず盛大に叫んでおきますね。

蔵子ーー!!

切ねーーーーー!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

まずドラマの冒頭からキてましたよね。
修君(工藤阿須加)から告白されてパニくった月海ちゃん(芳根京子)が、相談できるのは蔵之介さん(瀬戸康史)しかいないっつって電話しちゃったりしてね。

「ごめん、あとでかけ直す」
の切迫感というか緊迫感というか・・・

その後のシーンで出た蔵子のセリフ「月海、恋してる暇なんかないからな」
とかーー!!
ねーー!!
胸キュンっつーか、胸シュンっつーか・・・
背中が物悲しいっす・・

ただまぁ・・・修くんも切ないですよね・・・
だって、いつ蔵之介くんに取られちゃうかわからないのですから・・・
なんなら先越されてる訳で。
そりゃ焦るっつーの。
婚姻届という、紙切れ一枚の、契約という縛りを早く手に入れたくなる気持ちってのがねー!はぁー
三角関係つら・・・

クラゲのお姫様

月海ちゃんが言ってた

「私にとって、蔵之介さんは、クラゲのお姫様なんです」

ってセリフ。

100%同意です(首を縦にブンブブーン)

それ、すんげーわかるぅー。
お姫様感あるぅー。
カワイイですもんねー。

更に、葉巻吸って毒クラゲを演出する瀬戸康史。

最高かよ

可愛くてカッコよくて怪しげ。
なんつー3拍子でしょうか。
天は二物を与えずとはよく言ったもんだぜ。神様実はイケメン好きなんだろ!!きっとそうだろ!!許す!!

ジジ様、頭角を現す

なんかもう、ジジ様(木南晴夏)の生産管理、

すげーツボです!!

ジジ様ー!!出来る子だと思ってたよーー!!いいぞーー!!
なんか、異様にテンション上がるーー!!

これも一種のシンデレラストーリーですよね。
今まで枯れ専でひっそり生きてきてたけど、実は段取りしっかりしてて、リサーチ力もあるっていう、才能開花な感じ!

千絵子ママが帰ってきちゃって、土地の権利書隠して時間稼ぎしつつ誰も何もいいアイディアが浮かばない中、ジジ様の「出店してみませんか」の鶴の一声で光明が見える感じとかも!!

あーもうこういう展開大好物です!!

月海ちゃんとは別のプリティーウーマン。
嬉しい。私嬉しいです。

久々ツボった花森さん

ここ最近、ちょっとあざとい花森さん(要潤)にしょんぼりしてたんですけどね。
第7話の花森さんは今までの事なんか無かったかのようにガンガン私のツボ押してくるもんで、なんかもう

やっぱり好きーー!(絶叫)

修くんの絆創膏シレッと取っちゃうとことか。
「それはズイマーですねぇー」も好きでしたけど。

なんつっても今回のナンバーワン花森シーンは、修くんが蔵之介くんのお母さんに「ミラノにお届けします」って電話してたのを盗み聞きしてたとこ。
修くんから「絶対に言わないでくださいね」って言われてんのに、澄ました顔して

「わかりましたぁー多分大丈夫ですぅ(ウィスパー)」

って言ってる所とか!もう!!ぶっちぎりで好きですー!!
これだから花森さんは!!たまらんっっ

小学校の通知書持ち歩いてるのはギリギリなあざとさでしたけどねー!

絆創膏で指輪のサイズはどうだろうか

鯉淵パパが絆創膏で指輪のサイズを測る方法を伝授してましたが・・・

え?絆創膏って

スルッと抜けるもんでしたっけ??

いやそりゃ難しいってパパー

一番確実でバレない方法は蔵之介くんに協力してもらう事なんでしょうけど・・・できるはずもないしねぇ・・・
手繋いで勘で測るか、凝視してサイズ感覚えるか・・・
うーん、何にせよ難しいな。

世の男性って、大変ですね!!されたことねぇから知らねぇけど!!!

どう転んでも切ない

前回から言っていますが、私は断然蔵之介くんと月海ちゃんがくっつけばいいと思ってるんですが、だとしても修くんにも幸せになってもらいたいんです・・・
三角関係って、当事者たちも大変だとは思いますが、見てるこっちも一喜一憂してギャーってなってショボーンってなるから大変・・・

そう考えるとやっぱり花森さんが完全安牌。うんうん。

第1話感想 なんで俳優さんてあんなに足細いの?
第2話感想 瀬戸康史にやられました・・・
第3話感想 花森さん、クセになるわぁ
第4話感想 蔵子が好き、でも花森さんはもーっと好きです
第5話感想 蔵之介くんの男気に完敗(そして乾杯)
第6話感想 瀬戸康史の暴力的な色気について
第7話感想 花森さんへのトキメキとジジ様覚醒
第8話感想 怒って泣いて抱きしめて
第9話感想 稲荷さんがどんどん好きになるー
第10話感想 瀬戸康史とジジ様と花森さんに乾杯

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告