獣になれない私たち(第4話) 共感できる要素が私には無いって現実

獣になれない私たち

なんだか、「あれ?ちょっと思ってたのと違うような」、みたいな展開になってきましたね、けもなれ!
なんだか”けもなれ”って略し方も若干ぎこちない私ですが。。

ドラマが始まった当初は「現代に生きる人々のリアルにこだわったドラマ」的なキャッチコピーで「なるほどー、共感できるストーリーなのかな?」なーんて思いながら見始めたんですが、

全然共感できる部分がなーーーい!!!

いやいや、とんだ波乱万丈ドラマじゃねぇかとwww
第4話もなかなかドッタンバッタンしましたねー。

スポンサーリンク
(大)広告




獣になれない私たち 第4話 「スマホを落とした彼のヒミツ…まさかの裏切りに彼女ブチギレ衝撃の逆襲始まる!」

いや、まさか。
まさかね。

京谷さん(田中圭)がそんな事するなんて思ってなかったんですよ。

でも、でも、でも!!

本当にヤってたーーーーーー!!!

これだから男ってやつは案件でしたーー!!!

やっちゃったねぇ京谷さん・・・
最初は「ダメですよ!」って拒んでたのに・・・
なぜ最後の最後で飲み込まれてしまったのか・・・

自宅には元カノを匿い、晶ちゃんにはハッキリした態度を取れず、最終的に獣に食われるという。

相手してくれる男性が今の所一人もいない私からすれば、なんつーか、モテモテだね君!!っていう感じですが!!
果たして今後、京谷さんは3人の誰かとオンリーワンな関係になるのか、3人とも関係を切り、一人になるのか(はたまた別の誰かがオンリーワンになるのか)。

個人的には、よくもまぁ晶ちゃんという最上級な女性を彼女にしながらグダグダした態度が取れるな、とも思っちゃいますが、これはガッキーフィルターがかかってるからなので京谷さんは悪くないですね。

あと、そもそも今回、呉羽さん(菊地凛子)が京谷さんを襲った形ですが、これがもし逆だったら犯罪って言われてるだろうなーと思ったり。
女性が襲って、でも男性がまったくその気にならずフニャーンてしてたらどうなるんでしょうね。
犯罪成立するんでしょうか。
薬とか飲ませたらそりゃ悪質ですけど・・・
いくら襲われたと言えど、男性側はその気にならないとどうにもならないもんなんでしょうか。

ま、京谷さんはガッツリその気になって確信犯的にヤっちゃったわけで、まぁダメですけど。

そして、晶ちゃんと恒星さん(松田龍平)の未遂事件!

晶ちゃーーーん!!正気に戻ってーーーー!!!!

最終的に恒星さんが寝落ちしてくれたから良かったものの・・・
もし最後までいってたらなんか、私の中の”そうじゃないんだよなー感”が積もりに積もっていたことでしょう。

てか最初はあれ嘘寝だと思いまして、「恒星さん、いいヤツじゃん!」とか思ってたんですが、本当に寝てたんですね・・・なーんだ・・・

そして、晶ちゃんの職場ね!!!

なんかもう見ててイライラしちゃってーーー!!!
晶ちゃんのバカーーーーーなんで言いなりになっちゃうのさーーー!!!ってーーー!!!

もし私が血気盛んな20代の頃にあんな現場に居合わせたら「自分の事は自分でやれやアホどもがーー!!」って大暴れしてますよ。
今はもう根拠のない正義感なんてほぼ無くなっちゃったんでそんな事しませんが・・・

社長も最低なクズだなとは思うんですが・・・
でもなんででしょうね・・・
憎みきれない感じ・・・悔しい・・・なんなら好きだ・・・
単なるキャラ勝ちじゃないか・・・くっそぉ
晶ちゃん、あんなやつに負けないでー!!

あと、5tapのBARが家の近くにあるのめちゃくちゃ羨ましい!!!
私もあんなBAR近くに欲しい!!
ビール好きな私のためのBARじゃないかーーー!!
そしてそこで素敵な人に出会いたいよーー!!!(ここまでが妄想)

結局フィクションとして面白い

4話まで見た感じ、私には全くリアリティのないストーリー展開が繰り広げられております!!

私も愛されてるかどうかわからない彼氏に振り回されながら、それを見守ってくれつつ優しく諭してくれるバーの常連の友達に甘えたい・・・
荒波に飲まれる感覚忘れたー!
私の人生、凪ですよ凪。
荒波までいかなくていいから、どうぞ白波ぐらいは立ってほしい。

そんな感じで、あくまでフィクションとして楽しんでますけもなれ!

・・・やっぱり”けもなれ”って言い慣れないんですよねぇ・・・けもなれ・・・

獣になれない私たち(第1話感想) アワワアワワでザワワザワワ

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告