【女子的生活】第3、4話ドラマ感想 テニプリに出てた人だ!

女子的生活

私生活バタバタしてる間に最終回終わってましたーー!!!
全4回はやはり短いっすね・・・
もっとみきさん(志尊淳)のあれやこれや人生観見たかったなー。

今更3話と4話の記事を分けるのもあれなので、2つまとめてダダダッと書きました。
金曜日の楽しみ減っちゃったなぁ・・・

スポンサーリンク
(大)広告




女子的生活 第3話 感想・レビュー

くっそー!兄貴の野郎!!
みきさんの女性的な部分を執拗に責める兄貴。

凸(-_-メ)

ああいう人、ほんと苦手です・・・
自分の物差しは万能じゃないんだからねっっ(まぁ、自分にも言えることだけどっっ)

最後のシーンでちょっとセンチメンタルっぽく描かれてたけど、それで過去の事精算されるわけじゃないからなー!!
後藤(町田啓太)もみきさんもすんげーいい人なだけなんだからー!
そりゃ兄ちゃんも色々あるんだろうけどさ!
とりあえず言い方!!言い方気をつけて!!

あと、まぁ、イケメンだったけど!!
兄ちゃん、すっげーイケメンだったけど!!

あれ?あの兄貴って・・・

あのお兄さん役の人。
家売るオンナにも出てましたよね。
背高いイケメンだなーと思ってたんですが、なんっか他にも見たような・・・

チッチッチッチッチッチッチッチッ(考え中)

( ゚д゚)ハッ!

わかった!!

テニプリに出てた人やーーー!!!

説明しましょう。
あの兄貴役の人は、鈴木裕樹さん34歳。
テニミュ(ミュージカル「テニスの王子様」)で大石秀一郎役でデビュー!(by ウィキペディア)
私はテニミュは見たことありませんが、映画「テニスの王子様」(2006年)をちょうど最近見た所でして、それで見覚えがあったんですね!

この映画に関しては書きたいことはいっぱいあるんですが・・・それはまた別の機会にするとして・・・
ただ一つ言えるのは、主役の越前リョーマ役だった本郷奏多を除いて、出演者の中で一番イケメンだと思ってました!
いいおじさんになったなぁ~(失礼)

テレビ取材はスルーですね?

ブログの中の人特集でテレビ局からみきさんめっちゃアピールされてましたが・・・
取材は無しでしたか・・・

安心したような、物足りないような。
すんげーフラグ立ってたから絶対ひと波乱あるんだと思って、勝手にハラハラしちゃいました。
ただまぁ、全4話ではその波乱も回収できませんもんね・・・
やっぱり4話じゃ足りない・・・

女子的生活 第4話 感想・レビュー

ゆいちゃん結婚しますかー
結婚を決めたゆいちゃん。
最終的にみきさんの事選ぶかなーと期待していましたが、そうは上手くいきませんよねー。
まぁ、もとはノーマルだからそらそうか。

「ずっとこのままじゃいられないと思って」ってね、演じてる小芝風花ちゃんまだ20歳ですが・・・
大人っぽくなっちゃって・・・

クッションカバー

タワーマンション最上階のホームパーティーって設定でしたが・・・
ソファに置いてあったクッションのカバー。

私が使ってるシーツと一緒・・・

あれ、

ニトリや・・・

兄貴といい、金持ちといい・・・

まなみちゃんの彼氏で出てきた人。
イラッっとしたーーー!!!

第3話の兄貴といい、ケンイチさんといい・・・
皆さん演技お上手!!
ちゃんとイラッとしたよーー!!

それにしてもみきさん、すごい。
私、あんな事言われたら、全然スルーできません・・・

後藤とは友情?

あのイヤミ金持ち最低野郎の超失礼な発言をちゃんと怒ってくれた後藤。
よく言った!それでこそ後藤だ!!
いいヤツだなー後藤ー

第1話でみきさんが後藤を認めたあたりで、「もしかして、みきさん後藤とくっついたりする・・・?」と思ってたんですが、そんなことなかったですねw
みきさんは揺るぎなく女性が好きなのだな。失礼しました。

価値観
結婚して、子供産んで、子育てして、仕事して。
それが普通で、そのレールから外れてるとどこかに問題ありとして見られる。

そんな価値観に縛られるなんてなんてつまらないんだ、と思う反面、
そこから抜け出せない自分に辟易するよねー

と思い知らされた第4話。
しょうがないじゃない。人間だもの。

みきさんに学びたい

色々と爽快でありながら、考えさせられる内容もあり、面白かったですね!!
私は女に生まれ恋愛対象は男ですけど、色々と縛られてんなーと思うこと多いので、みきさん見習って強かに俯瞰目線で生きていきたいと思いました。

ありがとうみきさん!ありがとう志尊淳!
なんか色々勉強になりました!!


第1話感想 すでにみきさん(志尊淳)が超可愛い
第2話感想 後藤くん、イケメンだったぜ!!

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告