ジャニーズファンになって驚いたこと

KinKiKids

KinKiKidsのファンになるまでは、ジャニーズにハマるなんて絶対に無いと思っていました。
それまではラルクから始まりGacktやV系などどちらかというとダーク寄りな音楽が好きでしたし、その後はインディーズで活動するような小さなバンドを追っかけたりしてたので、まさかの方向転換に自分でもビックリ。
人間、いつどうなるかわからないものです。

初めて”アイドル”と呼ばれる人たちのファンになった私。
まさにそこは、知らない世界でした。

スポンサーリンク
(大)広告




ジャニーズで驚いたこと

①とにかく露出が多い

ジャニーズタレントを好きになって一番の醍醐味はコレですね!!!
なんといっても露出がめちゃくちゃ多い!!!

週に一回のテレビレギュラー+ラジオレギュラー。
加えて、リリースがあるとあらゆる番組への番宣出演。
CMもばんばんやるし、雑誌もいっぱい出るし、街中でもトラックやビジョンで推しタレントを眺められる!!

なんて天国!!!

例えばインディーズのバンドなんかは、ライブに行かないと会えないわけです。
何かのテレビに出るなんて事になったらそれこそ大騒ぎ!観賞用と保存用でダビングしたりしてました。
そこへきてキンキさんは、正にタレント。活動の幅が広すぎました。
私がファンになった2008年だと絶頂期に比べたら出演本数は少ないとは言え、週に一回堂本兄弟がありましたし、剛さんは正直しんどい~24CHANNELのレギュラーがあり、ラジオも月~木4日連続レギュラーがあったので、ファンになりたての時期によくある供給ハイ状態が持続しまくりで簡単にド沼にドツボしました。

キンキさんでこうでしたから、今をトキメク嵐さんとかジャンプさんとかキスマイさんなんかはもっとヤバそうですね!!
なんならちょっと羨ましいぐらいですw

②必ずビジュアルも売ってくれる

ジャニーズはいわゆる”アイドル集団”ですから、見た目(ビジュアル)も武器としてばんばん使ってくれるのが嬉しいですね。
ミュージシャンの場合、あまり見た目を売り込まなかったり、本人たち不在のデザインのものが多かったりするイメージがあるのですが(もちろん音楽で勝負しているのでそれでいいんですが)、ジャニーズさんの場合は、きちんと顔面込みで売り込んでくれるのが本当に楽しい!!

以前、ラルクの写真集買ったらアートブックみたいな感じで本人たちが全然写っておらずがっかりした事があるのですが、そういう事は一切無いというのが安心感さえありますw

③チケットが前払い

恐らくグループによって違いはあるんだと思いますが、私がファンをしているキンキさんの場合、2016年までチケットの申し込みの際は前払いで振込が必要でした。
「は・・・?どういうこと・・・?((((;゚Д゚))))」
と最初は大困惑したものです。
ラルクさんなんかの場合は、私が高校生(15年前!!)の頃からネット申し込み~当選者のみ支払いという仕組みが出来上がっていましたし、なんならインディーズのバンドだってクレジット決済やコンビニ支払いなど選べたような気がします。

そんな中、天下のジャニーズがいまだに郵便局に行って、お金を振り込んで、落選した場合はなぜか手数料が引かれた金額で払い戻しとなり、更にその払い戻しも郵便局に行かないと出来ない、というなんとも旧式な手続きばかりをしなければならず、なぜそんな仕組みを続けるのか謎でした。

だがしかし!!ようやく2017年ぐらいから、キンキさんもようやくWEB申し込みになりましたね!
もはや郵便申込みも一種の風物詩になってる所もありましたが、WEB申し込みできた時はなんなら感動すら覚えました。

長らく不思議に思っていたチケット前払い制度ですが、最近日経エンタの光一さんの連載で「ジャニーズは出来ない人の事を考える」的なニュアンスの発言をされてるのを見て、そういう事だったのかーと腑に落ちた部分が少しありました。
ネット申し込みにしたら、インターネットが使えない環境の人はどうするのか。
クレカ決済にしたら、クレカを持っていない人はどうするのか。
そこらへんの事を考えていたのかもしれません。(単純に、システム移行すんのが超大変だっただけかもしれませんが)

あとは、当選率を上げるために空申込をする人が増えて結局入金されず空席をさばくのが大変とか、あらゆる入金方法を選択できるようにすると費用がかさむとか色々理由はあるのかもしれませんが、中の人のみぞ知る、という感じですね。

④「要望」というシステム

これが一番驚きました。
ライブ映像をDVD化して欲しかったり、全国ツアーをやって欲しかったりした場合、ファン自ら「DVD化希望!」「全国ツアーお願いします!」と要望を出すのです。
私がそれまで生きてきた世界では、「リリースするから絶対買ってくれよな!」というアーティストからの問いかけに「絶対買うーー!」と応える仕組みでした。
まさか、希望を出さないと推しタレントの活動が制限され可能性があるなんて思いもよらない。

なんかもう、仕組みを知れば知るほど

ジャニーズ事務所って、ファンにも厳しい!!!

と思いましたw

キンキさん自身も「ファンからの声が無いと活動できない(ニュアンス)」という発言されてますし、事務所の人も「ハガキでの反応が一番影響力がある」的な事を言っているようですので、もはやファンが大人しくしていると推しタレントが窮地に立たされるわけです。
ひゃー怖い!!!
試されてます!ファンの本気度を!!

何かの記事で、”ジャニーズはある一定の固定ファン層を確保できているので、今世の中で流行っているネットやSNS戦略に乗っからなくても大丈夫。だから積極的にならない”というような内容を見ましたが、まさにその”一定のファン層”の中でも、熱意がある人は評価される仕組みが要望なのかなーと思ったのでした。

個人的には、リリースされたものは全て買うし、なんならコンサートのDVD・blu-rayだってツアー全映像付き10万円って言われても喜んで買うし、好きなだけ活動して好きなだけ売ってくれよ、と思ってしまうんですが・・・
私レベルの人間では、ジャニーズさんの思惑を理解するのはなかなか難しいようです。

⑤ライブが始まる前のグループ名コール

コンサート開演数分前から、どこからともなく聞こえてくる「キンキ!(チャチャチャ)キンキ!(チャチャチャ)」のコール。
若い!!!Σ(゚Д゚)

他アーティストのライブでも、ライブ前に会場内でウェーブが起きることはありましたが、コールというのは経験がありませんでした。
確かに、怒号のような歓声が本人たちにも届いたらテンション上がりますよね!
・・・他のグループでもコールってあるんでしょうかね?
すみません、そこらへんはわからないのですが・・・

ただ、実際はファンの年齢層も上がってしまった(もちろん私もその1人)現在だと、そのコールもなかなか一体感が出ず逆に閑散とした雰囲気が出てしまっているのではないかと若干ハラハラしております。
きっと、人気絶頂期はそれこそ割れんばかりの歓声だったんだろうなーと思うと、その時代に参加できなかったのが悔やまれます・・・
コールという発声量が必要な盛り上げ方ではなく、ペンラ振るとか、ウェーブするとか、参加しやすいものに遷移していくとありがたいなーと思うのでした。

やっぱり楽しいジャニーズファン

思いのほか楽しいことばかりではない感じで書いてしまいましたが、声を大にして言いたいのはジャニーズファンはとても楽しいです!!
恐らく私は長年ファンをやってると言っても、そこまで熱狂的な部類には入らないと思うんです。
そんな私でも十分楽しめるジャニーズという世界。
今まで興味が無かった方も、ぜひ触れる機会があったら怖がらずに手を伸ばしてみてください。刺激的な毎日が待っているかもしれませんよ!

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告