朝ドラ「半分、青い」が今の所最高すぎる

半分、青い

私の朝ドラの歴史は、2015年「まれ」からです。
言わずもがな、大泉洋が出るからという理由で見てました。

それまでなぜか敬遠していた朝ドラだったんですが、実際見てみると、15分CM無しで毎日放送ってのが殊の外ちょうどいい!!
それ以来、仕事から帰って夕ご飯を食べるときに録画してた朝ドラを見る、というのが私のルーチンになりました。

「まれ」以降6作見続けてみて、ドラマ中盤で中だるみしてきたーと感じる事もまぁ無くはないですが、それでも全体通して面白くなかった事がないなというのが感想で、朝ドラってすげー!!Σ(゚Д゚)って今更ながら思ってるんですけれども。

2018年前期、永野芽郁さん主演でやっている「半分、青い」が、今まで私が感じてきた朝ドラとは雰囲気が違くてですね。
色々と、困惑・・・というか、

トキメキが止まらなくて困っております。

こりゃー私の中での第2次朝ドラ改革の鐘が鳴った気がしますよ。

スポンサーリンク
(大)広告




「半分、青い」の魅力

佐藤健の破壊力

すみません。
色々と御託を並べましたが。

私が「半分、青い」にただならぬ感情を持ってしまっている原因の8割はこれです。

佐藤健さんです。

とりあえず、私佐藤健さん好きなんですよね。うん。
「るろうに剣心」の映画3作がとにかく好きすぎて何回も見ました。
「バクマン」も映画館見に行きました。
ドラマ「天皇の料理番」も好きだったなぁ。
「メイちゃんの執事」は・・・まぁそんなに気になりませんでしたが・・・

とにかく佐藤健さんがもともと好きだっていうアドバンテージがありますので、期待値は他の朝ドラに比べて群を抜いていたのは確かにあります。
でも、なんだかそれだけではないような・・・

この2週子供時代をずっとやってたわけなんですけど、子供時代の律くんがイケメンな態度を取る度に

「これが後の佐藤健である」

ってナレーションが私の頭の中で鳴り響きまして。
その度に勝手にキュンキュンしまくっちゃってね!!

頭が良くて空気も読めて、鈴愛ちゃんを大事にしてくれる律くん

を佐藤健が演じる

それって最高じゃん。

というわけで私の中での「半分、青い」への期待度が上がりまくっております。

来週からは遂に、あの律くんが佐藤健へと進化をとげるわけですよ!!
なんかもう「すずめ!」って呼び捨てにするのを想像するだけでトキメク。病気かな?病気だな。

あー楽しみ。
来週から楽しみすぎます。

鈴愛ちゃんが前向きでありがたい

主人公の鈴愛ちゃん(永野芽郁)は片耳が聞こえないという役なんですが、彼女が底抜けに前向きなのがホントに見てて気持ちよくて!!
耳鳴りがする事を「小人が踊ってる」って表現できちゃうそのポジティブさになんだか救われた思いがしました。

私、半年に一回ぐらい
「今、自分の目や耳が正常なのはたまたまで、いつの日か突然目が見えなくなったり耳が聞こえなくなったりする可能性がある」
と考え込む時期がありまして(実際には何の病気もしてないし、目や耳が悪くなる予定も無いので本当にただの妄想です)。
リアルに想像して孤独な気持ちになって、自分で自分にメンタルアタックかますって事やるんですけど。

そんな不毛な妄想をやってる身としては、鈴愛ちゃんが突然片耳聞こえなくなっちゃった設定ってなんか他人事じゃなくてw
きっとめちゃくちゃショックだよねぇ・・・と思いながら見てたんですが、当の鈴愛ちゃんは全然そんな様子無くて、なんだか気が抜けました。

川辺で律くん話してて突然泣いちゃったシーンは私も号泣しましたが、でもその後も楽しそうに暮らしてる雰囲気になんだか救われた気がしましたー。
結局世界は自分が作り出してんだよなーみたいな。

ま、自分が当事者になったときそれくらい前向きになれるかっつーと、すぐには難しいかもしれないとは思うんですが、そういう考え方もあるんだなというのがとても勉強になったなーといたく感激してしまったのでした。

やっぱり「半分、青い」面白いです!!

とは言えまだまだ序盤

今期朝ドラ、面白い!!と思って思わず文字にして書いちゃいましたが、まだ2週間しか放送してないんですよねww
とりあえずさっき公式サイト見たら、律くんも鈴愛ちゃんもそれぞれ初恋が訪れる的な事が書いてあったので「え?!別の人と付き合うん!?なんで!?」と若干ショックを隠せませんが、でもきっといつかは二人がくっつくのだと期待しつつ、この先半年間朝ドラ楽しみたいと思います((o(´∀`)o))

はぁー毎日佐藤健を見れるなんて・・・
幸せだなぁ。

その後の感想
「半分、青い」が一筋縄で行かなさすぎてツラ面白い

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告