崖っぷちホテル(第1話感想) 貧乏っぽい権力者最高

崖っぷちホテル

春ドラマの中でも期待値がわりと高かった「崖っぷちホテル」。
と言ってもメインビジュアルとキャストを見て楽しみにしてただけで、内容は全然知らずに見たのですが。

内容、超予想通りでしたwww

ただ、その予想通りなベタな展開に、ベタにテンション上がっちゃう私。
やっぱり見てて楽しんじゃったなー。
王道最高ー

スポンサーリンク
(大)広告




崖っぷちホテル 第1話 「破産寸前!クセ者だらけの大逆転劇開幕」

来るぞ来るぞ来るぞー!キターーーー!!な展開

①偉大な父、または祖父が築き上げたホテル。
②その人が亡くなって、娘が跡取りに。
③従業員は昔の支配人が大好きで、跡取りには不満タラタラ。
④みんな仕事ができない。
⑤経営も悪化。
⑥そんな中、現れたみすぼらしい青年。
⑦相手にしない従業員。
⑧頑張る跡取り支配人。
⑨雑誌を見てたら見覚えのある顔が
⑩やっぱり、あのみすぼらしい青年は超お金持ちな権力者だった!

という、この10セット。
完璧でしたねwww
③ぐらいの段階で、メインビジュアルの中心にいた岩田剛典さんが登場してこなかったので「あぁ彼がキーマンか」と思ってたら、案の定ね!

⑥から⑩に向けて、勝手にグングン上がっていく自分の期待値www
「くるぞくるぞくるぞーー」な助走たっぷり。

そしてぇぇ、青年がレストランでご飯を食べていたら「彼は一流ホテルの副支配人」という招待がばれ、みんながソワソワしだし、私もソワソワが止まらない。
そしてそしてぇぇ、このホテルの悪い所をツラツラと並べ、その実力を見せつけ、しまいには「嫌がらせをされた気分です」とバッサリ一刀両断!!!!

あんなに怪しい青年だったのにーーー!!
実はすごい人だったーーー!!
やっぱりねーー!!
こういう展開大好物だーー!!!

まじ、あざーーーっす!!!

というわけで、最後はグワッとテンションが上がったのでした。
はぁー面白かった。

鳳来ハルちゃん(浜辺美波)

新人パティシエのハルちゃん。

やっぱり

めちゃくちゃカワイイ

賭ケグルイから彼女にやられまくってる私ですが、今回の役もまじ俺得すぎて・・・orz
あー好き。
美波ちゃん好き過ぎる。

ドラマと関係ないですが、今後公開予定の「となりの怪物くん」って映画。
もともと原作の漫画が好きなんですが、春役が菅田将暉さんと聞いて、若干イメージと違くて見ようかどうか迷ってたんです。
でも、今日予告映像見たら、なんとチラリと美波ちゃん映ってるじゃないすか!!

調べてみたら、千づるちゃん役でね!!
個人的には夏目さん役でも良かったのでは!?という欲目満載の感想ではありましたが、どの役にせよ美波ちゃんが出るなら見に行こうかと心が揺らいだのでした。

はぁーカワイイ。声もカワイイ。仕草もかわいい。美波ちゃんとにかくカワイイ。

そういえば、崖っぷちホテルで美波ちゃんが「ハル」だし、朝ドラ「半分、青い」でも松雪泰子さんが「晴」って名前だし、単発ドラマ「黒井戸殺し」では向井理が「春夫」だったし。
春ドラマでは「はる」が付く人がいっぱい出てきますねー。

冬ドラマでは「ミコト」でしたけど。色々カブる時期ってのがあるんですかねー。

従業員の人達

すごくクセのある、というか正直仕事のできない従業員の方々が集まっているわけですが。
私も社会人になって長くなってきたからでしょうか。

やる気が無くて文句だけ言ってくる人たち

イライラするぜーー(#・∀・)

今までにも、理不尽だったり仕事できない人たちがいっぱい登場するドラマっていっぱいあったと思うんですけど。
そんなにイライラせずにサラッと見られてたはずなんですけどねーなんだかピキッときてしまいました。
ドラマなんだし、過剰演出なんて当たり前だし、ただただ楽しみたいのに!!

もうちょっと無邪気な気持ちを取り戻したほうが今後のためにもいいような気がしてきました。
うん、取り戻しましょう。無邪気さ。

聡明なお孫ちゃん

5年に一回スイートに泊まりに来るおばあちゃん。
と、お孫ちゃん(鈴木梨央)!

このお孫ちゃんがめちゃくちゃ頭良くて。
「このホテル、なんか変だよ。」つって、30万の価値無いって見抜いちゃうあたり、聡明な中学生だなと。
私が中1だったらそんなサービスの良し悪しなんてわかんないですよきっと・・・

頭のキレる子供って設定大好物なんで、お孫ちゃんまじナイスでした!

次回からは

次回予告を見る限りでは、次回はハルちゃんがフューチャーされる話っぽいですね。
くぅぅ楽しみ!!

恐らくこの後も、一人ひとり従業員達がホテルマンとして目覚めていくお話が繰り広げられていく事でしょう。
やっぱり王道中の王道な展開!
でもそういうの大好き!!

来週も楽しみにしております!!

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告