トクサツガガガ(途中感想) かわい子ちゃんがヲタなのは至福

トクサツガガガ

今期のドラマ、ここ数年で一番ピンと来ないなーと思っていたんです。
実はトクサツガガガも、3話まで見てなくて。。(気づいたら始まってた)
3話の最後の方をたまたまテレビで見て

「ヤッバ!これ面白いやつ!面白いやつやーーー!!!!Σ(゚Д゚)」

と気づき、慌てて1話から見返した口です。(こういう時に感じる全録のありがたみ)

いやー面白かった。
ほんと面白かったです。
危うく見ずに人生終える所でした。危ない危ない。

全7話という現実に打ちひしがれてもおりますが、残り2話を前に、この熱い気持ちをここにぶつけたいと思います!!!

スポンサーリンク
(大)広告




トクサツガガガ 1話~5話を見ての感想

共感というより・・・っ!

このドラマを見ての感想として、世の中では「わかりみがすごい!」「あるあるーー!!」「リアルすぎて共感しか無い」などなど、あまりの共感っぷりに沸いてる感じがありますね。
私も友達の上司(40代ドルオタ)も
「このドラマはホント、俺が言いたいこと全部言ってくれてる!!」
と社内で吹聴しまくってるらしく、それを見て回りが「へ、へー」ってなってるって話を聞きました。

そんな中、わたくし白太はというと、共感という点ではそこまでアツくなっておりません。

いや、もちろんわかりみはスゴイです。
バレるかバレないかぐらいの推しのグッズを身に着けてみたり、会社のBGMで推しの曲流れたら一人心のフェスしたり、推し曲歌えないカラオケになんの魅力もないとか、会話の中に推しのセリフをさりげなく混ぜて一人で楽しんだりとか、すっごいわかる!!あるあるー!!!って拳掲げて見てはいるんですけれども。

私がトクサツガガガにアツくなってる理由はそういうことではなくてですね・・・

なにかっつーと、

半端なくカワイイ子がガチヲタという設定!!

です!!!!!

私、今ままでよくスルーしてきたなって感じですが、

小芝風花さん、最高にかわいくないですか!?

なんですかあのフワッフワな笑顔!!!

小芝風花さんと言えば、朝ドラ「あさが来た」で初めて見て、「下剋上受験」で先生役やってて「え、実年齢と離れすぎてない・・?」と若干心配しながら見つめつつ、女子的生活で小悪魔彼女役やってて「おっと、こういうのもアリなんか!」と衝撃を受けたりしましたが。

今回のトクサツガガガで、「え、こんなに可愛かったっけ!?なんかごめん!超好きだわ!!」とトキメキの嵐。

あんなにカワイイ子が、こんなにカワイイ子が

ヲタクって

しかも、よりによって特撮って

なんつーか

最高じゃないですか?

なんかもうその設定に血湧き肉躍るというか!!
ありがとうが止まらないというか!!
カワイイ女の子のヲタっぷりを惜しげもなくテレビで見せてくれてありがとう!!!

本当にありがとう!!!!

これがアイドル好きとか、アニヲタとか、そういう題材だとここまでハシャゲなかったと思う。
それこそ、私は共感しただけで終わってたと思うんですけど。

特撮オタクって所がキュンキュンポイント大盤振る舞いっていうか!!

なんかもう、カワイイ女子が特撮に悶てる事に悶えるっていうか!!

こういうトキメキもこの世にはあるんだなって気づかせてありがとうという気持ちです。
はぁ、至福。なんかもう色々と至福。

そして極めつけは倉科カナさんですよ!!

美女×特撮もヤベエ

小芝風花さんに指南するお姉さん設定最高すぎません?
プロオタ美人お姉さん、たまらなさすぎません?
尻好き至高すぎません?

小芝風花さんと倉科カナさんがヒーローショー見に来てたら、それを見に行くっつーの!

これも友達と話してたんですけど、トクサツガガガにしても何にしても、「カワイイ女の子」がやるからたまらないわけで、ドラマの面白さはそこだよね、と。
リアルに寄ったフィクションが見れるのはドラマだけ!!!
はぁー最高。色々と気づきをありがとうトクサツガガガ。

脇を固める好きな人達

小芝風花さん、倉科カナさんも然ることながら、

木南晴夏さん最高すぎて

もう大好きです。勇者ヨシヒコを見てたのは木南晴夏さんを見るためと言っても過言ではありません。

このドラマでの木南晴夏さんのどこが見どころって、

歌って踊ってる所だーーー!!

なごやめしのうたを歌ってる木南さん、最高すぎだー
ホントは歌も踊りも上手いのに、役に合わせてアンニュイな感じにするとまじたまらん。好きだーあの感じ。
カラオケのシーン、軽く数十回見返しました。ごちそうさまでした。

そして、最後のエンドロール見てたらめちゃくちゃビックリしたんですけど!!

関智一さん出てるじゃないすかー!!!!!!

昔、関オタだった私狂喜乱舞!!!
全然気づかなかったなー
関智一とは、昔一世を風靡した声優さんです。
急いで見返して、ゲンカ将軍だということを突き止めましたが・・・まさかあの声が今のスネ夫だとは誰も思うまい・・・

所々でナレーションもしてるし、なんなら歌も歌ってんじゃないの!?とめっちゃ聞いちゃいました。(多分歌ってなかったけど)
いやー興奮しました。
確かに、関さん特撮好きですもんね。良かった。なんか良かった。

劇団(ヘロQ)も見に行ってましたし、関さんが歌ってるキャラソン集めまくってましたー
中学生の頃Weiβにドハマリして、中学生ながらにネットでグッズ売り買いしまくって、音源も取引しまくってた思い出もあるなー
ヤフオクもメルカリもない時代の高額取引は若さゆえの過ちでしかない・・・破天荒だったなー私・・・

っていう、私の遠い日の思い出も蘇らせてくれるトクサツガガガ。最高すぎました。

あと2回・・・

今、これを書いている段階で第5話まで終わっております。
あと2話・・・これで終わっちまうのかー!寂しいーー!!!
小芝風花さんもっと見てたいー!木南晴夏さんにもっと歌って踊らせてー!
倉科カナさんもっと本領発揮しちゃってーー!!!!

続編希望です。どうぞよろしくお願いいたします!!!!!


トクサツガガガ(第7話感想) オタ仲間に彼氏や旦那がいるって死活問題

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告