ブラックペアン(第7話感想) 渡海先生の暴れっぷりが足りない!!

ブラックペアン

今日はわりと楽しみにしていた回でした。
なぜなら、渡海先生が敵陣に乗り込みこの技術をいかんなく発揮する回だと思っていたからです。

そんな期待たっぷりに見ておりましたが・・・

足りない!!

渡海先生(二宮和也)が全然足りません!!!

そんな気持ちが拭えない第7話でしたw

スポンサーリンク
(大)広告




ブラックペアン 第7話 「渡海がついにライバル病院へ!!」

もっと暴れてーー!!

渡海先生が、サラッとライバルである帝華大に行っちゃう流れ。
これ、最高です。
大好物な展開すぎます。
実力者がライバル先へ出向き、その実力をいかんなく発揮する。
超最高な流れです!!

なはずなのに!!

足りないーー!!

渡海先生の暴れっぷりが全然たりませーーーん!!

いや、もっとやっていいしょ!!
手術一回って!!少なすぎる!!
全然渡海先生の良さが発揮されてない!!
せっかく帝華大に行ったのに!
帝華大の医者連中が「あいつはヤベェ」と全員が思い知るまでオペやりまくって欲しかったですー。
くっそー私が悔しい!!
渡海先生はもっとすごい人なのに!!
帝華大の皆さんに思い知って欲しかったのにーーー!!
なんなら渡海先生の手術っぷりを見た研修医や看護師の人たちがこぞって「渡海先生のもとで学びたいんです!!」ぐらいやっても良かったと思うんですよねー。

惜しかったなー
もうちょっとだったのになー
ちっくしょーい

黒崎先生ー

第7話で、相武紗季にアレルギーであるペニシリンを投与するように支持した黒崎先生。

いや、彼、そろそろ辞めてもらった方がいいんじゃないですか?www

確か、第6話でも結構なミス犯してましたよね?
医療過誤的なやつ。
なんであの人が偉そうにしているのか、私には理解ができません・・・
あんな人が自分と同じ職場に働いていたら、「まじ無理(・∀・)」と早々に密告するか職場を去っていると思います私・・・

ミスは確かに誰にでも起こりうることだし、それを発見できるフローを考えるべきだとは思うんですが。
黒崎先生に反省の色がまったく見えないのが嫌な感じでね!!
確かに手術手伝ってはいましたが!!
それで貢献したと思うなよー!!
反省しろーー!!
そして二度と同じミスを起こすんじゃないよーー!!!

カトパンの過去

愛人臭を醸しまくってた治験コーディネーターの木下さん(カトパン)。
何やらリアルな治験コーディネーターの団体から「あんな治験コーディネーター、侮辱だ」みたいな感じで責められているようですが・・・

いやいや、ドラマ見てればわかるのではなかろうか、と。
木下さんが何らか過去に傷を負っていて、愛人臭醸しつつも、ああやって人々を助ける手助けをしたいって思ってるであろうことは、安易に想像できたと思うんですが・・・
しかもそもそもドラマなんてフィクションだし・・・誇張表現万歳なのではなかろうかと思ってしまうのですが・・・
人それぞれ、感じ方は違うという事なんでしょうね。

私はカトパンがそもそも好きなのでかなり好意的な目でしか見ていませんでしたが、今回の件でもっと好きになりましたよー。
渡海先生に協力してるのも、患者さんを助けたいからですもんね。
いい人だと思うんだけどなー。
治験コーディネーターも素敵な職業だと思いますし。
病院と治験側を仲介するって、かなりストレス溜まりそうな気もします。
仲介って、絶対大変だもの。
それでも責められてしまうのは、あの愛人臭と美貌のせいなのでしょうか・・・

オペ室の悪魔

帝華大の人が、渡海先生の手術見て「これが東城大の、オペ室の悪魔」って呟いてましたね。
それって、誰しもが目指す姿なんじゃないのー?と思っちゃうんですよねー。
なんで誰も渡海先生を尊敬し、彼を師と仰ぐ人が現れないんでしょうか。
世良くん(竹内涼真)さえいればいいのかな?
確かに世良くんは渡海先生の一番弟子でいてほしいとは思いますが。

私だったら完全に渡海先生の虜になっちゃうんだけどなぁ・・・
歯がゆい。
自分が医者じゃないのが歯がゆい。

そもそもブラックペアンの登場人物じゃないことがなんかもうお門違いですが。

第1話感想 ツンデレ猫タイプのブラックヒーロー大好物です
第2話感想 身長が小さいは正義
第3話感想 天才は見てるだけでストレス解消
第4話感想「食う?」「だろ?」「もぐもぐ」
第5話感想 認めた相手を”ちゃん付け”しちゃう渡海先生最高
第6話感想 高ちゃん呼び降格&救命応援で1話分やって欲しい
第7話感想 渡海先生の暴れっぷりが足りない!!
第9話感想 遠隔操作する渡海先生が至高すぎて
第10話最終回感想 渡海先生の学習机にぐっとキた

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告