2018年秋ドラマランキング!!しっとり、こってり、大人なドラマが多かった秋。

2018年秋ドラマ

2018年もすっかり年末となりまして、秋クールのドラマも続々と最終回を迎えましたね。
2018年秋のドラマは、個人的にはおとなしめだったなという印象でした。
しっとりというか、こってりというか。
大人なドラマが多かったかな、と。

突出して「これ最高だったーー!!」というドラマがあったわけではなく、見てたドラマが一定の安定感を保っていた感じもあり、順位をつけるのはなかなか大変ではありましたが。。
ま、恒例行事ということで!
頑張って順位付けてみましたよ!

四半期に一回のドラマランキング!
しっとり、こってりどうぞー!!

スポンサーリンク
(大)広告




2018年秋ドラマ、白太が面白いと思った順にランキングー!

1位 僕らは奇跡でできている

なんだかんだで1位はこちら!「僕らは奇跡でできている」です!
なんと言っても奇跡の7話ですよ!!
思わず感想書いちゃうぐらい(僕らは奇跡でできている(第7話感想) エヴァンゲリオンの最終回のように「おめでとう」と言いたい)この回は素晴らしかったですねー

見始めた当初は、あの無気力だった大学生の子たちがどんどん開眼していって、ハリのある人生を取り戻す的なストーリーなのかと思ってたんですけど、蓋を開けてみれば現代の大人が直面する心の問題にズバズバ踏み込んでくる内容で、ほんと色んな事が胸に突き刺さりました・・・
最初の頃は高橋一生が可愛いという武器をぶん回してくるー!と思ったりしてたんですけど、後半それが全然気にならなくなってきたのが素晴らしかったです。

榮倉奈々さん演じる水本さんはほんと他人事じゃないハラハラ感がありました。
「こんなに頑張ってるのに」「認めてもらえない」「評価してくれない」とずっと思ってるけど、実はATフィールド全開にしまくってるのは自分で、でもそのATフィールドの解き方がわからないっていう無限ループ。
下手すれば一生解けずに過ごす可能性もある中で、水本さんは相河先生(高橋一生)と出会えた事で色んな事に気づいていって、本当に良かったというか、羨ましいというか。
色々と考えさせられるドラマでございました。

大学生の子たちも可愛かったですね!
こんにゃく販売頑張れ!

2位 僕とシッポと神楽坂

実はこっそり毎週金曜夜を楽しみにしてましたw
相葉くんの滑舌に毎回ハラハラしながらも、出てくる動物たちに癒やされまくる週末。
動物大好きです!

動物もののドラマって、結構悲しいお話も多かったりするんですが、この神楽坂のお話はそこまでツライ話もなく。
安心して見ていられました。
設備も整ってない病院だけど、実は先生がすごい実力の持ち主って設定も大好物っす!!
もっと凄腕発揮してくれても良かったんですけど。
出し尽くして無いんじゃない!?と思ってますよ私は!!

あと相葉くんと広末涼子さんがいい感じになるのは正直意外でしたー
いい感じになったかと思ったら旦那さん帰ってきて地方へ療養って、ビックリ展開でしたけど!!
後半はわりと怒涛な展開で「え、あれ?どうやって収集つけるん?」と思いながら見てましたね。

そういえば土地開発の話、結局どうなったんすかね?病院潰すはずじゃなかったでしたっけ?義姉さんの力でうまいこと回避したんかな?

あと、実はなにげに尼子インターの渚さんが好きでした!!
正直演技自体はアレでしたけど、短めのセリフで「何言うてんねん」てピシャッと言う渚さん大好きー

多分、以前尼子インターとしてKinKiKidsのブンブブーンのゲストに出た時に、ものすごく高感度高かった事が要員と思われますw
光一さんと二人でいても、なんなら光一さんに気を遣わせるぐらい堂々とした雰囲気があったのすごい好きだったんですよねー
なんとも言えない大物感w素晴らしい。

3位 獣になれない私たち

リアルを追求したという「獣になれない私たち」
結局私は全然共感できませんでしたがwww
世の女性の皆様は「わかるぅうーー!」って感じだったのでしょうか。

まずもって、深海さん(新垣結衣)が仕事できすぎちゃって!
あれ、完全に羨ましすぎる案件ですから私にとって。
ドラマ内では、完全なパワハラ社長(なぜか憎めない)に苦しめられてて全然楽しそうじゃなかったですが、環境さえ整えばあの有能っぷりは絶対重宝されるし仕事も楽しくできると思う。ほんと深海さんの使い方勿体なかったー
晶さん、早くそんな職場辞めちゃいなよ!!ばっかり思っちゃって。応援というより、焦れったさが勝りました。

恋愛も仕事も、全然自分の本音を出せなくて、周りに合わせるために自分を削っていってたって所は「僕らは奇跡でできている」の水本さんと共通している点ですが、わかりやすさで言うと水本さんに一票!
ただ、同じような悩みを持つ女性という事で、あのお二人は仲良くなれるんじゃないかとパラレルワールドな事考えてニヤニヤしました。

なんとなくケモナレは私にとってフィクションから抜け出せないまま終わっちゃったって感じなんですよね。
飾らずに付き合える恒星さん(松田龍平)と出会えてたのも、羨ましいですし。
私もそういう人に出会いたいわけで。

終始、晶さん羨ましい!!が渦巻いたドラマでございました。

4位 深夜のダメ恋図鑑

まさかのダークホース!!どっから出てきたwww
私もまさか全話見ることになるとは思いもしませんでした「深夜のダメ恋図鑑」
何が面白かったかと言われるとあまり思い出せないのですが、でもなぜか毎週ちゃんと見てしまったドラマでしたw

特に好きだったのが、佐野ひなこちゃんとダメダメ彼氏のやり取り。
ほんと、見てるとリアルに本気でイライラすることしか言ってこないダメ彼氏に対して、佐野ひなこちゃんが一刀両断な一言でバッサバッサと切りつけていく感じ好きでしたねー。
好きというか、勉強させてもらったというか。

女性が感情的にワーワー言うの好きじゃないんですが、このドラマでは女性陣がちゃんと理屈の通った返しをしてくれるので「その返し上手い!!」と関心してたというか。
面白かったというよりは、参考にしようと思って見てたドラマでございました。

5位 下町ロケット

まさかの「深夜のダメ恋図鑑」の次にランクイン!下町ロケット!!

なんか、今回の下町ロケット、ものすごくワンパターンじゃありませんでした?
前回もこんな感じでしたっけ?

一つの問題を解決したらまた同じような内容で問題が起きて、佃製作所があわや潰れるか!?となりつつも、社員の熱い想いで挽回していくというのを何回繰り返すのかと!!
正直「またー?」と思っちゃってあまり集中して見れませんでした。。

あと、財前さん(吉川晃司)の佃製作所贔屓が過ぎる!!!!
なんかもう、財前さん、口を開けば佃製作所の事ばっかり!!
そりゃ帝国重工の偉い人も「いい加減にしろ」って言うわ!!

ただ、今回は財前さんも大変だったんで、もう頼るところは佃製作所のみだったんで、まぁしょうがないのもわかる。
自分のアイデアを横取りされたのに、財前さんよくやる気保てましたよねぇ・・・
私だったらやってられんって全部投げちゃうわ。

あとダーウィンの人たちも飲み会開きすぎ!!暇人か!!
(ダーウィンって聞くと、ブラックペアン思い出しますよねー。元気かなー渡海先生)

ただ、今回も世の男性のハートには刺さりまくってたみたいですよ。
うちの父もそうですが、会社の先輩(普段ドラマとか見なさそうな人)が「今、下町ロケットにハマっててさー、日曜日の夜がめっちゃ楽しみなんだよねー」と言ってきたときには「え!?なんで!?」と言っちゃいましたもん。
やっぱり、男の人達にはあの勧善懲悪なストーリーに心トキメイちゃうみたいですね

個人的には、野木さん役として森崎さんが出演してたのはとっても嬉しかったです。
森崎さんと安田さんの共演を見るために見てた、って感じでございました。

年明けにスペシャルやるみたいですね。
色々と解決してないこといっぱいあるんで、スペシャル見て、すっきりしてから私は下町ロケットから卒業しようと思いますw

6位 SUITS(スーツ)

「SUITS」に関しては、ちょっと申し訳ない気持ちになりながらもこの順位にさせていただきました。
と言いますのも・・・
アメリカ版のSUITEを見始めちゃって、そっちばっかり見ちゃってたんですよねーテヘヘ

日本版はほぼアメリカ版のストーリーと同じだったので、展開もわかっちゃうし、次どうなるのかもわかっちゃうもんで、正直ちゃんと見てませんでした(;´∀`)

織田裕二さんも中島裕翔くんもいい感じだったんですけどね!
これはもう全面的に私が悪いです!先にアメリカ版見ちゃったもんだから、日本版がおざなりになっちゃった!
すんません。。

ただ、ドラマ見たあとに中島裕翔くんがHeySayJUMPとして歌って踊ったりしてるのを見ると「そういえば彼アイドルだったんだわ・・・」となんか変に関心しちゃって無駄に応援したくなる現象が発動しました。
これ、岡田准一さんや二宮さんにも時々同じ現象起きるんですけどw
ドラマや映画で渋い役とかやってたりすると、アイドルの時にギャップがすごくて逆に目が離せなくなるパターン。
特別なドキドキ感があって割と好きですw

離脱

何回か見たけど結局途中で離脱してしまったドラマがいくつかございました。。

・プリティが多すぎる
→カワイイの押し付けがすごかったですねw結局その「カワイイ」が理解できずに断念。

・今日から俺は!!
→こちらは若干予想してましたが、やはり私にはあいませんでした。。伊藤健太郎くん出てたんですけどねー、うーん

・ルームロンダリング
→こちらも1話だけ見て離脱・・・伊藤健太郎くん出てたんですけどねー・・・うーん

こういうクールもあるよね

今期のドラマは、そもそも見てる数自体も少なかったですね。
多い時は10位ぐらいまでランキングつけるのに・・・

年末年始のタイミングで色んなドラマの一挙再放送がありますが、やはりこの秋のドラマは再放送に組み込まれてませんでしたから、そう考えても突出してヒットしたドラマは無かったのかなーと思います。
(一挙再放送ドラマ:アンナチュラル、義母と娘のブルース、家売るオンナ、おっさんずラブ)

満足感が無かったわけじゃないんですけどね!!
ただ、大盛り上がりもしなかったかな、という感じでございました。
そんなときもあります。
いつも最高な作品が出てくるわけじゃない!!
そう考えれば、十分楽しませていただきました。
来年冬ドラマも楽しみにしておりますっ

ちなみに正月の各一挙再放送は全部見る予定です。

あー正月忙しいなー!!!!

スポンサーリンク
(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(大)広告